About

History:沿革

シズベルは1982年、イタリアの大手テレビ製造業者の合弁会社として設立されました。以来、コンスーマーエレクトロニクス業界に深く根付き、現在は完全に独立した会社として、業務を行っています。設立者ロベルト・ディーニは、当時、イタリアの大手テレビ製造業者のひとつであったインデシットの同僚数人と共に、同社のテレビ関連特許のポートフォリオを取得・管理する目的でジョイントベンチャー、シズベルを設立しました。

このポートフォリオはインデシットの研究所によって開発され、On Screen Display ("OSD")、テレビ・ビデオレコーダーの操作メニュー、チューニング技術改良等のイノベーションに関わる特許を網羅していました。

シズベルのインデシット特許の管理は高く評価され、フィリップス、フランステレコム、TDF、IRT等世界の大手家電メーカ―がMPEG Audio標準(Layer 1、2及び3)に関連する特許を含む最も価値ある知的財産の管理を委託するようになりました。
シズベルは、この革新的な技術の普及を確実にすると同時に、技術開発者の利益獲得にも貢献してきました。MPEG Audioライセンスプログラムは、特許権保護の上でシズベルが果たす役割の主要例であり、このプログラムにより、シズベルはライセンス業界における世界的なリーダーへと進化を遂げました。

ページ先頭へ戻る